総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

人間の寿命とは? 健康とは?

人間の寿命、健康とは何か?

それは、人体の仕組みを見ればわかります。
生命力である「氣」が正常であれば、肉体には「病」は起こりません。


西洋医学では、肉体の部分について診察・診断することができます。手術、投薬等の治療については世界の中でも、かなりの水準に達しています。でも、長い期間の治療を受けても、なかなか良くならない病気もあります。 そんな時には、生命力である、血液、酸素、水分、の外氣功療法を受けて見てください。突然、快復なさる方がおります。 病気は肉体と、生命力と両方の治療が良いと思います。
生命力である血液は身体の 60兆の細胞に栄養と水と酸素を供給し、各々の細胞から出る老廃物を肺や腎臓に運び、呼気や尿として排泄させる働きがあります。またそれらの細胞は受け取った栄養と水と酸素をもとに物質を合成・分解したり、排泄したりといった新陳代謝を行います。(医学博士・石原結實氏著書より) この血液の流れが止まった所から、何病も始まるのです。
人間の身体の中には毛細血管の網が張り巡らされています。その長さを合計すると地球を 2周半すると言われています。ですから血液をサラサラにして、毛細血管の隅々まで血液を流す事が健康を保ち長命の秘訣なのです。
外氣功は生命力の中の水分をきれいにしてサラサラの血液に浄化します。また自然の波動で自律神経をコントロールすることにより、正常な呼吸を取り戻し身体中に充分な酸素を供給することができます。 これにより即座に内臓が活性化されて働き出します。
これからは、肉体の部分は西洋医学で治療を受け、生命力の部分は外氣功で癒すことにより、健康を保つ時代です。 これをホリスティック医学と呼びます。
特に西洋医学と併せて外氣功療法を施すと効力が倍増して、生命力が維持され、長寿に恵まれます。



このページのトップへ