総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

予防医学は血液から

皆様の血液は、サラサラ、ドロドロ、どちらですか?

 予防医学とは、皆様が、大病にならないためには、日常生活で、体調に違和感を感じたところで、我慢せず、無理せず、治療を、療法を受けて、重病になる事を防いで、国内の病人をこれ以上、増やさない様にすることです。

 日常生活の中で、気付かずにおりますが一番は血液だと思います。
 栄養研究所、臨床栄養部部長、医学博士、板倉弘重先生の著書『高血圧の特効食』に書いてあります。人間の体内には、地球を二周半する程の長さの毛細血管があります。又、血液内科専攻、医学博士、石原結實先生の著書『“血液の汚れ”を取るとなぜ、病気が治るのか』にも、血液は60兆の全細胞に、栄養と酸素と水分を供給し、各細胞から出される老廃物を、肺や腎臓に運び、呼気や尿として排泄させているのです、と書いてあります。

 これを読んだ時、これほど長い毛細血管の中を常に血液がきれいに流れているでしょうか・・・・・・病気とはこの流れが滞った所が患部として発生していると思います。これは血液がドロドロになって流れ難くなって起るのです。体内の細胞に、栄養も酸素も水分も届けられず、この時に何か体調に違和感と言う御知らせがあるでしょう。

 医学書、健康誌などでは、生活改善、食生活の改善、と指導されていますが、この時では、間に合いません、治療や療法に入るのが一番と思います。そしてこのようにならないように、常に、ご自分の血液の状態を知っている事が出来れば安心です。これが予防医学は血液からと思います。

※川崎本院では、皆様の血液をその場でチェック、プリントして差し上げます。


血液チェックを行っている日時と場所


日    時 毎月 第一日曜日、第三日曜日 AM 10:00 〜 PM 3:00まで
完全予約制 料金 お一人様 ¥2,000−
予約先 TEL 044−813−4941  
場    所 川崎市高津区溝の口2−26−6−301
プロプリエテール3F (溝の口神社隣り)
  外氣功療法院  


このページのトップへ