総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

腎臓ガン(2)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


腎臓ガン(2)

東京都/中央区 男性 62歳
病の原因から現在までの病歴
平成15年10月ごろ、胸部に不調があったので、某病院内科へ胃カメラで腎臓にガンの疑いがあると言われ た。平成16年1月13日に泌尿器科にて検査、腎臓ガンと告知された。大きさは3センチ×2センチ、左の下部、2月1日に、国立ガンセンターでも、同じ診 断でした。全摘手術が3月19日に設定された。3月12日に、外氣功療法院に相談に行く。
手術とは、ガンを殺すのではなく、臓器を取り除くだけ、ガンはまだ生きて残っているのです。テレビや車は、取り除いても、代わりの新品を入れてもらえるので、又走るし写るのです。人間はカタワになるだけです。手術をする前に、10〜20回 外氣功療法を受けてみてその結果が良ければ良し、悪かったらそれから、手術をしても遅くないと言われました。

3月15日、某病院の手術をキャンセルして、外氣功療法に賭けました。
親族たちには大変、反対されましたが・・・・・・

療法実態
◆平成16年 3月 15日
第1回 3月 15日   全身  腎臓
患部が暖かくなって、ピクピク動くのが判りました。
体温が高まった感じです。
第2回 3月 16日   全身  腎臓
左足が、暖かくなったり冷たくなったり、患部は昨日より暖かく感じませんでした。
第3回 3月 17日   全身  腎臓
患部が暖かく、お腹から音が聞こえました、トイレが我慢できなくなりました。
第10回 3月 25日    全身  腎臓
朝起きたら、患部に動きを感じました。下腹部には違和感が感じません。背中、下腹部、足に動きを感じ、血液が流れてると思いました。排尿したいと思いました。
眠くなる事があります。
第20回 4月 7日   全身 腎臓 前立腺
左足だけ上に上がる感じです。そのうち右足も上がる感じになりました。むずかゆい感じもあります、常に患部が暖かさを感じてます。前立腺の療法をして頂きました。
トイレが近いのです。
第22回 4月 10日   全身  腎臓
トイレが遠くなりました。今日は、手術を断ってから初めて病院で、MRの検査を受けてきました。結果が楽しみです。
第28回 5月 3日   全身  腎臓
体調も良いので、別府温泉に湯治に行って来て16日間療法を休みました。先日検査を受けた結果を伺って来ました。ガンの大きさは変化無く同じ、転移もありませんでした。外氣功療法を選択して良かったと思います。次はガン細胞を小さくすることです。
次の目標は、20回でガンを小さくすることです。
第53回 6月 17日   全身 腎臓 肝臓
療法院から頂いている、気功水は大変美味しく飲めます。
細胞に溶け込むように感じます。
これが、水道水とは思えません、毎日沢山飲んでます。最近は患部からは、何も感じてきません。先生の手には、正常に動いてる腎臓が感じるそうです。私も安心してますので、これからは毎日療法してましたか、余裕を頂いて、療法日を週に3日にして頂きました。
月、水、金に療法する事にしました。
第76回 10月 29日   全身 腎臓 胃
この辺で又病院の検査を受けたいと考えております。
体調も良いので・・・・・

平成16年11月24日
先日、病院で検査をしました。その結果は、ガンの大きさは、1月13日の検査のときと同じ3センチ×2センチのままで、活動なし、壊死してると判断、体調もすこぶる良く、ガンの心配なし、でした。外氣功療法に賭けて良かったと思います。ありがとう御座いました。

院主からのひとこと
この方は、経済的にも、時間的にも、心にも、余裕のある方でした。それが手術をキャンセルする余裕と 度胸です。これが御自分で御自分の、生命力を生かしたのです。外氣功療法を知ったので健康で、長生き出来るでしょう。現在まで、手術を、延ばして外氣功療 法を受けた、子宮ガンの方や、肺ガンの方、途中で検査に行ったら、手術日が延びたりしているまに、治ってしまったりしております。
手術不可といわれてお出でになった肺がんの方も完治してます。ガンなどは、ご自分の体調と不都合で出来た物です。
他から与えられた物ではないのです。ご自分で治せるだけの自己治癒力と自然治癒力を活性させる事です。これは人間養生の時、神様が生き物全てに潜在意識に授けてくれたのです。皆さんはこれの使い方が判らず、近代医学しか知らないだけです。
近代医学だけでなく、潜在意識を活性させる、古代医学外氣功療法も、併用してください。これがこれからの、ホリスティック医学です。
川崎本院 千葉 久之

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ